戻る

PacMonスタンダード版製品説明


 PacMonは、ネットワークの調査で求められる必要な機能をコンパクトにまとめています。複雑な機能は搭載していないので初心者の方でも簡単にご利用できる製品となっております。本製品を使いこなせば、日々のネットワークの状況把握やトラブルシューティングにお役立ていただけることができます。

スタンダード版ヘルプ (2012.01.07版)   WEB版   PDF版

パケットキャプチャ

    ※画像クリックで拡大表示します。 ネットワーク解析の中心となるのが、パケットキャプチャです。PacMonは2通りのキャプチャ方法を用意しました。

  • ダイレクトデコード方式という方法で、デコーダーに直接パケットを取りこみます。リアルタイムにパケットが確認できるメリットがありますが、最大で9,999パケット受信すると自動的にキャプチャが停止します。
  • キャプチャパネルを使用する方法です。長時間キャプチャをし続ける場合に適しています。循環バッファを使用しますので、常に最新の9,999パケット(最大)を保存することができます。

デコーダー

    ※画像クリックで拡大表示します。 デコーダーは、キャプチャしたパケットのプロトコルを解析して内容を表示します。ARP,IP,IPv6,ICMP,IGMP,UDP,TCP,DHCP,DNS,HTTP,NTP,IPX/SPX,NetBIOS等のプロトコルをサポートしています。

<デコーダーの主な機能>
  • キャプチャ情報の保存/呼び出しを行う。
  • キャプチャ情報にフィルタ設定を行う。
  • 文字列やパターンによる検索を行う。
  • 必要ないパケットの削除を行う。
  • サマリ情報をテキストファイルに保存する。
  • 解析情報をテキストファイルに保存する。
  • ダンプ情報をテキストファイルに保存する。
  • 解析情報/ダンプ情報を印刷する。
  • キャプチャパネルを通さずにキャプチャを行う。

ネットワーク情報

    ※画像クリックで拡大表示します。 ネットワークからキャプチャしたパケットを基に、様々な種類のネットワーク情報をリアルタイムに集計しグラフ表示します。グラフ化される情報は、パケット長分布・アドレスタイプ分布・フレームタイプ分布・ネットワークパケット分布・IPパケット分布・IPXパケット分布です。また集計情報として、受信パケット数・受信バイト量・CRCエラー数(※)・アライメントエラー数(※)・オーバーラン数(※)・ロングパケット数・ショートパケット数・パケットロス数を表示します。

(※) これらの情報は、装着するアダプタおよびそのデバイスドライバーの性能に依存します。

トラフィック情報

    ※画像クリックで拡大表示します。 トラフィック情報は、ネットワーク内のトラフィックの7分間のログをリアルタイムでグラフ表示します。トラフィック表示はパケット/秒またはKバイト/秒の形式で切り替えることができます。また、低トラフィック状態や高トラフィック状態での確認もできるようスケール変更の機能も用意しましたので、ネットワークの状況に合わせたグラフを表示させることができます。

トラフィックヒストリ

    ※画像クリックで拡大表示します。 トラフィック情報では7分間のトラフィックしか表示できませんでしたが、トラフィックヒストリは1日のトラフィック状況を記録します。グラフの集計情報は時間単位・分単位・秒単位のトラフィックで確認することができます。また検索機能により、指定値以上の記録をマークしたトラフィックの個所を検索することができます。

ステーション情報

    ※画像クリックで拡大表示します。 ステーション情報は、各ノードごとの通信状態を記録します。ノードはMACアドレス・IPv4・IPv6が認識できます。ノードごとの情報としては、送信パケット数・受信パケット数・送信Kバイト量・受信Kバイト量が記録されます。各列ごとにソートできますので、通信量の多いノードの検出等に役立ちます。

Copyright (C) 2012 Layer Co.,Ltd. All rights reserved.
戻る